大宮で評判の美容整形手術を受けよう【理想のアナタに変身】

ダウンタイムのケア

男女

二重の美容整形手術は特に希望者が多く、どの美容外科でも主な診療メニューになっています。大宮で評判のクリニックも同様です。顔のパーツの中では最も視線を集める場所が目元だと言えます。誰かと会話する際には目を合わせますし、その印象が変われば顔全体の印象も変わります。遺伝子的特徴により、日本を含めたアジア人の多くは一重や奥二重を持って生まれます。まぶたと目頭を覆っている蒙古ひだがその原因です。二重まぶたを手に入れるためには埋没法や切開法、または目頭切開という美容整形手術が行なわれます。大宮の美容外科の多くはホームページを開設しているため、二重の手術について知りたい場合は確認してみると良いでしょう。埋没法であればダウンタイムは1週間から2週間程度になります。メスを用いた切開法は必然的にダウンタイムが長くなってしまいますが、くっきりとした二重になれるため、まぶたが腫れぼったいという人に最適です。

美容整形における外科的手術の多くは、ダウンタイムと呼ばれる術後の腫れ・痛みが生じます。ダウンタイムの期間は患者の体質やアフターケアの有無にも関係するでしょう。二重の手術にも同じことが言えます。プチ整形の代名詞である埋没法は、二重の手術の中で唯一メスを使用しない方法として知られています。二重の線を作りたい箇所を糸で留め、人工的な二重を形成するという手法が特徴です。手術痕も全く目立たず、なおかつ短時間で二重が手に入るという点でも高い評価を得ています。しかし埋没法にもダウンタイムは生じるため、適切なアフターケアを行なわなければいけません。大宮で二重の手術を受けると、術後経過をしっかりとチェックしてもらいながらダウンタイムが落ち着くのを待つことになります。まぶたの痛みや腫れが落ち着くまでは医師の指導の元でメイクを避けたり、消毒を行なったりするケースが一般的です。切開法は埋没法に比べるとダウンタイムは長くなります。場合によっては抜糸が必要になることもあるでしょう。ダウンタイムの間は鎮痛剤などで痛みをケアすることが可能なので、アフターケアがしっかり行なわれている大宮の美容外科を受診すると安心です。美容整形の一部にはエステサロンと同様の施術もありますが、外科的手術の場合にはダウンタイムがあるということを理解し、納得した上で執刀してもらうと良いでしょう。